日経メディカルのロゴ画像

死は誰にも避けられないと知りながら(前編)
「ラピッドサイクラー」の信心

2015/12/16
東徹(いわくら病院[京都市左京区])

 冬ですね。寒いですね。いきなり暗い話で恐縮ですが、冬は亡くなる方が多いです。月別の死亡者数をみると、毎年夏に少なく冬に多い。夏と冬の違いはいろいろあるでしょうが、一番の違いは気温ですよね。ということは気温が低いと死亡者が多い、そういう相関関係があると考えても大きな間違いはないかと思います。地球温暖化はそれほど悪いことでしょうか。もっと地球を暖めましょう。誰か冬将軍を討ち取ってください。僕は寒がりなのです。

著者プロフィール

東徹(いわくら病院[精神科単科病院])●ひがしとおる氏。2006年京都大学医学部卒。高知医療センターでの初期研修を経て、京都大学医学部付属病院、大阪赤十字病院精神神経科に勤務。2012年より現職。

連載の紹介

その死に誰が寄り添うか-精神科単科病院にて
精神科単科病院の「身体合併症病棟」。ここがどのような場所で、どのような人がどう生き、そして死んでいくのか。知られざる実態を、長期入院の末に亡くなった方々の実例を元に、一部改変してご紹介します。
『精神科病院で人生を終えるということ − その死に誰が寄り添うか』好評発売中

 精神科単科病院で身体合併症病棟を担当する著者が精神医療の現状を生々しくつづっていいます。胃瘻造設や延命治療の是非、誤嚥性肺炎への対応、患者家族への説明の難しさなど終末期医療における課題を挙げ、相模原障害者施設殺傷事件に対する私見も示しています。
 精神医療に限らず、高齢者の終末期医療に対する現場の肉声ともいえる内容です。高齢者医療に携わる全ての医療者に一読をお勧めします。(東徹著、日経BP社、3500円+税)

この記事を読んでいる人におすすめ