日経メディカルのロゴ画像

連載第93回
患者の暴力に困っています

2008/02/26

【今回の相談事例】
 最近、横暴な患者が増えて困っています。ちょっとした不手際をとらえて、しつこく暴言をはいたり、手を振り上げたりする患者に接する医師や看護師の中には、ノイローゼになったり「退職したい」と言い出す人も出てきています。
 目に余る横暴な患者に対しても、「応召義務」は適用されるのでしょうか。
(公立病院院長)

【回答】
 読売新聞の調査によると、

79大学病院を対象とする調査で、回答した59病院中54病院が「何らかの暴力あるいは暴言があった」と回答。暴力の件数は約430件で、暴力が10件以上確認されたのは6病院にのぼった。
警察OBを雇用して応対に当たらせている病院は21、対応マニュアルを作成している病院が10、監視カメラや非常警報ベルを病棟に設置する病院もあった。(読売新聞2007年8月19日

著者プロフィール

HDLA研究会●HDLA研究会は、医事紛争に関して医療機関側の代理人を務める弁護士で組織。会員は約100人で、各種勉強会を開催するほか、会員相互の情報交換を行っている。

連載の紹介

ケースに学ぶトラブル対策講座
医療事故や医療過誤訴訟のリスクは増大する一方。医療事故や紛争・トラブルの具体例を提示しながら、そこに内包する法律的な問題や対処法について、医療関係者向けに平易かつ簡潔に解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ