先日、血便(便に血液が付着する感じ)が数カ月持続するという5歳男児が、当院(徳山中央病院)小児科を受診した。腹痛はなく、血便の性状、経過から大腸ポリープを疑い、直ちにエコーを実施したところ、血流豊富な2cm弱の腫瘤を下行結腸あたりに描出した。その後エコー下注腸を行い、腫瘤を下行結腸の中ほどに確認した。その日のうちに消化器内科に紹介し、内視鏡的ポリペクトミーを行うための入院予約を行った。

血便の精査では大腸ポリープも疑うの画像

ログインして全文を読む