日経メディカルのロゴ画像

頭部CT
左右差と石灰化 どこまでが正常なのか

2018/07/03
柴田 靖(筑波大学水戸地域医療教育センター脳神経外科教授)

POINT

左右差がある場合、まず画像が水平に撮像されているかを確認する
老化による脳萎縮は左右対称。左右差のある脳萎縮は放射線治療後や進行性の病変の可能性を考える
大脳や小脳の基底核にも石灰化が起こり、高血圧性脳内出血の好発部位であるため出血との鑑別が重要

連載の紹介

今さら聞けない画像診断のキホン
日経メディカル誌に連載中の「今さら聞けない画像診断のキホン」からの転載です。今さら同僚などに聞けない画像診断のイロハから、読影力のさらなる向上につながるコツまで、臨床経験も豊富なエキスパ ートが分かりやすく解説します。2011年11月号~2016年11月号までの連載をまとめた書籍『今さら聞けない画像診断のキホン』(写真)も販売中です。◆日経BP書店で購入◆Amazonで購入

この記事を読んでいる人におすすめ