日経メディカルのロゴ画像

頭部CT
各種造影CTをどう使い分けるか

2018/06/05
柴田 靖(筑波大学水戸地域医療教育センター脳神経外科教授)

POINT

造影CTでは、硬膜・下垂体・脈絡叢など血液脳関門がない部位やそれが破綻している部位が造影される
CTアンギオグラフィー(CTA)は、血管病変の評価や腫瘍との位置関係の3次元的理解に役立つ
Perfusion(灌流)CTでは、部位ごとの脳血流量がCT画像上に表示されるため、脳実質の血流評価に有用

連載の紹介

今さら聞けない画像診断のキホン
日経メディカル誌に連載中の「今さら聞けない画像診断のキホン」からの転載です。今さら同僚などに聞けない画像診断のイロハから、読影力のさらなる向上につながるコツまで、臨床経験も豊富なエキスパ ートが分かりやすく解説します。2011年11月号~2016年11月号までの連載をまとめた書籍『今さら聞けない画像診断のキホン』(写真)も販売中です。◆日経BP書店で購入◆Amazonで購入

この記事を読んでいる人におすすめ