日経メディカルのロゴ画像

頭部CT
状況に応じて撮像法を使い分ける

2018/05/29
柴田 靖(筑波大学水戸地域医療教育センター脳神経外科教授)

POINT

脳神経外科へコンサルテーションをする場合、頭部CTを撮像しておくことは最低限のマナーである
脳梗塞の診断は時間との勝負。管電流を上げ画質を優先した撮像法で低吸収域を明瞭化する
意識障害例など早く撮像したい場合や、画像を3次元で再構成したい場合は、ヘリカルで撮像する

連載の紹介

今さら聞けない画像診断のキホン
日経メディカル誌に連載中の「今さら聞けない画像診断のキホン」からの転載です。今さら同僚などに聞けない画像診断のイロハから、読影力のさらなる向上につながるコツまで、臨床経験も豊富なエキスパ ートが分かりやすく解説します。2011年11月号~2016年11月号までの連載をまとめた書籍『今さら聞けない画像診断のキホン』(写真)も販売中です。◆日経BP書店で購入◆Amazonで購入

この記事を読んでいる人におすすめ