胸部単純X線写真では、多くの臓器の構造が2次元的に重なるため読影は容易ではない。一方、断層像であるCTは、単純X線写真に比較して構造の重なりが少ない。そのため、陰影がある大きさになって末梢肺野に囲まれて存在すれば、基本的にはその存在を指摘するのは容易だと考えられがちである。

周辺臓器や先行病変と重なる陰影を読むの画像

ログインして全文を読む