CT(computed tomography)画像は、CTスキャン装置で撮影した全方向からのX線透過画像を、断層像などに再構成処理したものである。従って、画像上の色合いは単純X線写真と同様に、骨や金属などは白く映り、肺胞など内部に空気を多く含む部分は黒く映る。その間の組織はX線透過度の違いにより様々な諧調に表示される。

癌は基本的に外方へ増大するの画像

ログインして全文を読む