日経メディカルのロゴ画像

胸部単純X線
結節影が消えたように見えるのはなぜか?

2017/12/19
西川 正憲(藤沢市民病院副院長)
結節影が消えたように見えるのはなぜか?の画像

 これまでに、正常陰影の成り立ち、肺門部領域での正常陰影濃度の左右差、肺野陰影の濃度差、および気管支・血管影の偏位から、いかに肺野病変の可能性を読めばいいのかについて解説した。また、可能であれば比較読影することの有用性にも触れた。今回は、横隔膜や心臓などと重なる部位においても、異常陰影を見逃さないポイントを解説する。

連載の紹介

今さら聞けない画像診断のキホン
日経メディカル誌に連載中の「今さら聞けない画像診断のキホン」からの転載です。今さら同僚などに聞けない画像診断のイロハから、読影力のさらなる向上につながるコツまで、臨床経験も豊富なエキスパ ートが分かりやすく解説します。2011年11月号~2016年11月号までの連載をまとめた書籍『今さら聞けない画像診断のキホン』(写真)も販売中です。◆日経BP書店で購入◆Amazonで購入

この記事を読んでいる人におすすめ