日経メディカルのロゴ画像

在宅での最期を願う患者、無理だという往診医

2017/02/06
村松 静子(メッセンジャーナース・在宅看護研究センターLLP代表)

 十数年も前のことです。82歳の末期癌の男性が、カラスの鳴き声が気になるからと、緩和ケア病棟から3日間の外泊目的で我が家へ帰りました。医師からは「いつ戻って来ても良いですよ」と言われていました。医療行為が多く、往診だけでは無理という医師同士の話し合いから、私たちナースも訪問看護に入ることになりました。

 呼吸困難があるものの酸素吸入は頑として拒否、医療者が勧めようものなら怒り出す始末です。何事も自分で決めて実施していきました。

 外泊の2日目の夜のことです。呼吸状態が最悪となり、往診医が駆けつけました。「家ではもう無理。病院へ戻った方がいい。在宅ではこれ以上は無理だ」と息子さんに説明し、息子さんは納得されたようでした。しかし本人は、「病院」という言葉を聞くと呼吸がさらに荒くなり、妻の腕をつかみ、首を横に振って拒否を示します。「夫がここにいたいというなら最期までそうしてあげたい。でも、医師も息子も病院へ連れて行けと言う。自分だけでは看切れない。娘は手伝うと言ってくれたけれど……」。妻の心は揺れ動いたといいます。

 傍らにいた訪問看護師から私が電話を受けたのは、夜の9時近くでした。

「奥さんが本人の希望を叶えてあげたいと言うんです。できることならこのまま在宅療養を続けられないものでしょうか。だからといって、私にはどうすることもできません。奥さんと代わって話してもらってもいいですか」。

 電話を代わった妻は「先生に言ってください。主人は家にいたいんです。私もそうさせてあげたいんです。娘もそう言っていますから」と、すぐに往診医に代わってしまったのです。あまりに突然のことで一瞬たじろいだ私でしたが、往診医には、妻の心情に加えて、緩和ケア病棟の医師からは最期まで家にいられるならそれでもいいと言われている旨を伝えました。

著者プロフィール

「一般社団法人よりどころ」が運営する「メッセンジャーナース認定協会」(会長:吉田和子)から認定を受けたメンバー。メッセンジャーナースとは、患者本人と家族、医療者の間に潜む意識のギャップを埋めるためのプロフェッショナルのこと。看護師らを中心に、28都道府県で85人がメッセンジャーナースとして活動を展開中。

連載の紹介

患者と医師の認識ギャップ考
「医師の説明が分からない」「回復の実感がないのに規則だからと退院を迫られた」「早期の癌だからと唐突に告知された」などと不安・不信を抱く患者の声があります。そんな患者本人の内面の葛藤さえも受け止めて、医療者との間に生じる認識のズレを埋める術を考えていきます。

この記事を読んでいる人におすすめ