Kさんは80歳代で認知症を抱えた女性です。吐血と黒色便、ショックで救急搬送され入院、胃癌と診断されました。根治切除可能との説明を受けたご家族でしたが、患者さんが認知症であることから、手術を行うのが良いのかどうか迷い、外科の診察と同時にがん相談支援センターでも相談したいと希望されました。

医療者は認知症家族との暮らしが分からないの画像

ログインして全文を読む