日経メディカルのロゴ画像

連載第15回
ナイス!なガイドライン

2006/03/18

 英語で「良い」という場合には様々な言葉を使い分ける。goodやnice、excellent、brilliant、fine、などなどいろいろあるが、すべて微妙に違う。Niceという言葉は、普通に良いときにも使うのだが、人を指して、「優しい」だとか、「親切」、「人当たりがいい」というような意味で使う場合も多い。ちなみにExcellentというのは単に良い、悪いではなく、非常に優れている場合に使う。

 NICE(National Institute of Health and Clinical Excellence http://www.nice.org.uk/) は、国民医療サービス(NHS)内の独立組織であり、ブレア政権の保健医療改革の目玉として設置された。主な仕事は、病気や症状に関連した診療指針を作成する「診療ガイドライン・プログラム」、医療技術の医療効果や経済効果をまとめる「診療技術評価プログラム」、手術や手技に関する効果などをまとめる「介入的手技プログラム」を3つの柱としている。最も大きな仕事は、いわずと知れた診療ガイドライン・プログラムである。2005年からは、診療行為だけでなく、公衆衛生的な施策、たとえば国民の健康に関連した食生活などに関しても、ガイドラインを作成するようになった。

 なぜ、診療ガイドライン作りが保健医療制度改革の目玉になり得るのだろうか。

 誤解を恐れずに単純に書く。NHSはすべて税金で賄われ、診療を受けるのはすべて無料という極めて社会主義的な制度として始まった。その後、時間とともに組織疲弊を起こし、非効率化、質の低下が問題となっていった。サッチャー政権時の自由主義化改革により、一部の地域の効率は上がったものの、質の向上にはつながらず、地域格差を生む結果となった。以上の歴史から、現政権にとって、医療の効率を上げつつ質も向上させ、全体の標準化を図ることが当然の目標となったわけである。

 もちろん、医療というのは各病気や状態に対する診療の集合体としてあるわけだから、それぞれの病気・病態に応じた最も良い診療行為というものがあるはずだ。現在、考えられる最も良い診療行為を考えてみようというのが診療ガイドラインである。

 具体的には、ある診療行為について、今まで実施されてきた膨大な臨床研究をまとめ、研究の成果でどこまで分かっているかを検討する。同時に、国全体における経済的なインパクトや経済効率(どれだけお金がかかり、どれだけ効果が上がるか)に関して、しっかりとした分析が行われるのもNICEの診療ガイドラインの特徴である。多くの診療行為は、長い経験の中から見つけられてきたものなので、臨床研究をまとめるだけでは不十分である。また、すべてのことが経済効率だけで筋が通るわけでもない。

 そこで、実際に診療行為をしている様々な分野の医師や看護師、心理学者、一般の患者などに集まって議論をしてもらう。一般患者が「患者という視点で見る専門家」として参加しているのはNICEの大きな特徴である。

 こうして作成されたガイドラインはインターネットで公開し、学会から患者団体に至るまで、関心ある人すべての意見を募集する。その意見一つひとつをしっかりと検討した上で必要に応じて修正を加え、最終版を再度インターネットに公開する。

 ただし、同じ病名がついていても、患者さんの状態はそれぞれ異なる。診療ガイドラインはあくまで参考にすべきものであって、順守するものではない。これは絶対の原則である。

 これに対して、「それでは、国としてこれだけお金をかけて、誰も守らないのでは意味がないのでは? 」という質問をよく受ける。

著者プロフィール

森 臨太郎(英国国立母子保健共同研究所リサーチフェロー)●もり りんたろう氏。1970年神戸生まれ。医学博士、英国小児科専門医。日本での小児科研修を経て、豪州にて新生児医療に携わり、英国にて疫学を修める。

連載の紹介

英国医療事情
英国で英国立医療技術評価機構(NICE)の診療ガイドライン作成に携わっている筆者が、疫学研究から政策立案、日常診療に至るまで、様々な視点で英国医療と現政権の保健医療改革をリポートします。

この記事を読んでいる人におすすめ