日経メディカルのロゴ画像

連載第10回
番外編 日本の医療

2006/01/13

 日本に一時帰国した際、編集の方からお勧めをいただいて、海外から見た日本の医療のことを考えてみた。仕事の合間をぬって京都東山、高尾山など、紅葉の美しいところをまわることができた(写真)。日本は相変わらず美しい国である。

 日本の医療などちっぽけなこのコラムで書き切れるわけがない(もっとも英国の医療も同様であるが)。ただ、私が日本に滞在していつも思うことに「良心」がある。今回は医療の良心について書きたい。

 日本でがんばっておられる医療者の方と意見交換するといつも、「英国はすばらしいですね、それにしても日本は・・・」と日本の医療が遅れているという認識をもたれている方が多い。

 確かに日本の医療は遅れている部分がある。全体としてのシステムを考えること、患者や医療者の権利や人権を守ること、臨床研究を正しくすることで医学そのものに貢献すること、日本や米国以外の国の医療を考えること(途上国も含めて)、遅れていると思われる部分は数え切れない。

著者プロフィール

森 臨太郎(英国国立母子保健共同研究所リサーチフェロー)●もり りんたろう氏。1970年神戸生まれ。医学博士、英国小児科専門医。日本での小児科研修を経て、豪州にて新生児医療に携わり、英国にて疫学を修める。

連載の紹介

英国医療事情
英国で英国立医療技術評価機構(NICE)の診療ガイドライン作成に携わっている筆者が、疫学研究から政策立案、日常診療に至るまで、様々な視点で英国医療と現政権の保健医療改革をリポートします。

この記事を読んでいる人におすすめ