日経メディカルのロゴ画像

診断の質を高める3つのReflectionを
獨協総診では「診断戦略カンファレンス」を実施中

2019/07/18
志水 太郎(獨協医科大学 総合診療医学・総合診療科)
診断の質を高める3つのReflectionをの画像

診断は臨床医が日常的に行っている行為であり、臨床医の能力の柱の1つをなしている。厚生経済的観点で診断エラーが医療エラーの重要な割合を占めていることからも、医療の質においても診断の質は大きな意味を持つ。

著者プロフィール

日本病院総合診療医学会の若手部会診断エラーチーム(担当理事:獨協医科大学総合診療科の志水太郎氏)のメンバー。

連載の紹介

診断エラー学のすすめ
診断エラー学は、海外では研修医や医学生に対する教育分野で非常に注目されている新しい学問です。日本でも、総合診療に従事する医師らが日本での診断エラー学の普及に乗り出しました。そのプロセスと成果を報告していただきます。

この記事を読んでいる人におすすめ