最近になり、患者安全における診断エラー予防の重要性が強調されてきている。実際、患者診療で発生する診断エラーは、担当する個々の医師の認知的判断に依拠する部分が大きい。誤診や診断の遅れやそれに伴う治療介入の遅れは、しばしば致死的な結果となることがある。しかも、診断エラーの頻度は、意外に多いということも判明してきている。

オスラー式フィードバックで診断エラーを減らすの画像

ログインして全文を読む