2019年3月26日、低セレン血症治療薬亜セレン酸ナトリウム(商品名アセレンド注100μg)の製造販売が承認された。用法用量は「成人及び12歳以上の小児:1日100μgを開始用量とし、以後は患者の状態により1日50~200μgで適宜用量を調節、効果不十分な場合には1日300μgまで。12歳未満の小児:1日2μg/kg(50kg以上の体重では100μg)を開始用量とし、以後は患者の状態により1日1~4μg/kg(50kg以上の体重では50~200μg)で適宜用量を調節。いずれも高カロリー輸液等に添加し、中心静脈内に点滴静注する。なお、1日投与量を1日1回末梢静脈内に点滴静注又は緩徐に静脈内投与も可能」となっている。

低セレン血症に対する国内初のセレン注射製剤の画像

ログインして全文を読む