2019年3月26日、慢性閉塞性肺疾患治療薬フルチカゾンフランカルボン酸エステル/ウメクリジニウム臭化物/ビランテロールトリフェニル酢酸塩(商品名テリルジー100エリプタ14吸入用、同エリプタ30吸入用)の製造販売が承認された。規格は、1ブリスター中にフルチカゾンフランカルボン酸エステル(FF)100μg、ウメクリジニウム(UMEC)62.5μg、ビランテロール(VI)25μgを含有。適応は「慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解(吸入ステロイド薬、長時間作用性吸入抗コリン薬及び長時間作用性吸入β2刺激薬の併用が必要な場合)」。用法・用量は「成人、1日1回1吸入」となっており、専用のドライパウダー吸入器(エリプタ)を用いて使用する。

国内初、1日1回吸入の3剤配合COPD治療薬の画像

ログインして全文を読む