日経メディカルのロゴ画像

【新薬】ピレスパ錠200mg
ピルフェニドン:世界初の特発性肺線維症治療薬

2008/11/20
北村 正樹=慈恵医大病院薬剤部

 2008年10月16日、抗線維化薬のピルフェニドン(商品名:ピレスパ錠200mg)が製造承認を取得した。適応は「特発性肺線維症」であり、用法・用量は「初期用量1回200mgを1日3回食後に経口投与。患者の状態を観察しながら1回量を200mgずつ漸増し、1回600mgまで増量する」である。なお本薬は、空腹時に投与すると、食後投与時に比べて薬剤の血中濃度が上昇し、副作用が発現するおそれがあるので、食後に投与することが定められている。

この記事を読んでいる人におすすめ