日経メディカルのロゴ画像

ARB利尿薬配合剤と併用しない方がよい薬

2018/05/21

■処方とエピソード

70 歳代の男性。患者は高血圧症で、ARB と利尿薬の配合剤(エカード配合錠 HD<カンデサルタン シレキセチル/ヒドロクロロチアジド>)を処方していた(<処方 1>)。

連載の紹介

医師のための薬の時間
薬物治療に関するヒヤリ・ハット事例や薬物相互作用に関する情報を毎週提供しているNPO法人医薬品ライフタイムマネジメントセンター「医師のための薬の時間」(東京大学大学院薬学系研究科の教員が運営)。その内容の一部をご紹介します。
*印は医薬品ライフタイムマネジメントセンターのWebサイトにあり、記事にリンクしています。

この記事を読んでいる人におすすめ