日経メディカルのロゴ画像

学会ってどのくらいの資産規模なの?

2021/05/06

 日本には「学会」と名の付くものが無数にあります。無数は言い過ぎかもしれませんが、例えば内科医なら日本内科学会、外科医なら日本外科学会あたりがよく知られたところでしょう。

 現在、リモートで行われていることが多い学術集会。以前は大きな会場を借りて企業出展も大々的に行っていましたが、現在はオンラインでお金を払ってZoomのウェビナーなどで閲覧することが増えています。

 さて、学会に毎年会費を納めていると、ふとこんなことを思います。学会って……一体どのくらいの資産規模なんだろうって。いや、そんなこと誰も思わない?

 ──というわけで、公表されている財務諸表から、学会の資産がどのくらいあるかを見てみました。

著者プロフィール

ドクターK●関西の病院で働く30歳代勤務医。リーマンショック後に株式投資に目覚め、資産運用を開始。幾度となく挫折を味わいながら勉強を続け、アベノミクスに乗じて投資資金を大きく増やす。著書に「忙しい医師でもできる Dr.Kの株式投資戦術」。

連載の紹介

Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
忙しい? 時間がない? そんなあなたも大丈夫! 日常臨床をバリバリこなす超多忙な現役若手医師が、バリュー投資と上手な資産運用のコツを教えます。【注】当コラムは投資にあたっての参考情報を提供するものです。投資判断は自己責任でお願いします。

この記事を読んでいる人におすすめ