日経メディカルのロゴ画像

新型コロナウイルスがマーケットに襲来!

2020/05/08

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中をパニックに陥れたことは記憶に新しいですが、実は株式市場などの金融マーケットは未曽有の事態に陥りました。

 私も5.5億円ほどのリスク資産を運用していたのですが、実は今回のショックで1億円ほどを失うことになりました。含み益は絵に描いた餅のようなもので、そこまで気にしていないと言いたいところですが、精神的にも結構ショックでした。私の尊敬する個人投資家の人たちも20~30%やられているので、私も平均的にフルボッコされたといった感じです。

 おいおい、投資のコラムを書いておいてそのザマかよ、と言われると返す言葉もないのですが、今回のコロナショックはリーマンショックに匹敵するくらいの事態でした。

 新型コロナウイルスによって、マーケットに一体、何が起こったのでしょうか?

著者プロフィール

ドクターK●関西の病院で働く30歳代勤務医。リーマンショック後に株式投資に目覚め、資産運用を開始。幾度となく挫折を味わいながら勉強を続け、アベノミクスに乗じて投資資金を大きく増やす。著書に「忙しい医師でもできる Dr.Kの株式投資戦術」。

連載の紹介

Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
忙しい? 時間がない? そんなあなたも大丈夫! 日常臨床をバリバリこなす超多忙な現役若手医師が、バリュー投資と上手な資産運用のコツを教えます。【注】当コラムは投資にあたっての参考情報を提供するものです。投資判断は自己責任でお願いします。

この記事を読んでいる人におすすめ