日経メディカルのロゴ画像

ノーリスクの宝くじ「IPO」って何?

2018/08/10

 「まず当たらないけど、宝くじってのは夢を買うんだ!」という謎な理由で毎年毎年、年末ジャンボ宝くじやサマージャンボ宝くじを買っているドクターは少なくありません。でも、1億円以上の高額当選をしたドクターなんて、恐らく存在しないんじゃないでしょうか。

 一般的な宝くじで、10万円に当選する確率は大体1万5000分の1と言われています。毎年買い続けてもまず当たらない確率です。当たったとしても、利益よりもトータルコストの方が大きいはずです。

 そのため、投資のリスクやリターンに日ごろから気を遣っている私たち投資家からしてみれば、宝くじを買うなんてただの愚かな行為です。

著者プロフィール

ドクターK●関西の病院で働く40歳代勤務医。リーマンショック後に株式投資に目覚め、資産運用を開始。幾度となく挫折を味わいながら勉強を続け、アベノミクスに乗じて投資資金を大きく増やす。著書に『忙しい医師でもできる Dr.Kの株式投資戦術』『医学生・若手医師のための 誰も教えてくれなかったおカネの話』など。

連載の紹介

Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
忙しい? 時間がない? そんなあなたも大丈夫! 日常臨床をバリバリこなす超多忙な現役若手医師が、バリュー投資と上手な資産運用のコツを教えます。【注】当コラムは投資にあたっての参考情報を提供するものです。投資判断は自己責任でお願いします。

この記事を読んでいる人におすすめ