日経メディカルのロゴ画像

お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く

2018/07/13
お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩くの画像

 以前のコラム「来年からオトクな『つみたてNISA』が始まるよ」「節税の切り札! 個人型確定拠出年金って何?」などでもお伝えしましたが、国はこの数年で個人に対して、税負担を軽くするとっておきの方法を提示し始めています。

 これが何を意味しているか、考えたことはありますか?

 なぜ、国は税制改革によって「貯蓄から投資へ」の移行を進めているのでしょうか? なぜ、国はつみたてNISAを用意し、20年という長期で売却利益を非課税にしてくれているのでしょうか? なぜ、会社の退職金が厚生年金基金ではなく、確定拠出年金から支払われるようになるのでしょうか?

著者プロフィール

ドクターK●関西の病院で働く30歳代勤務医。リーマンショック後に株式投資に目覚め、資産運用を開始。幾度となく挫折を味わいながら勉強を続け、アベノミクスに乗じて投資資金を大きく増やす。著書に「忙しい医師でもできる Dr.Kの株式投資戦術」。

連載の紹介

Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
忙しい? 時間がない? そんなあなたも大丈夫! 日常臨床をバリバリこなす超多忙な現役若手医師が、バリュー投資と上手な資産運用のコツを教えます。【注】当コラムは投資にあたっての参考情報を提供するものです。投資判断は自己責任でお願いします。

この記事を読んでいる人におすすめ