日経メディカルのロゴ画像

8年目の外科医が株を買ってみた《第1話》
「株で損したーだまされたー」とかいう前に

2017/10/13

ドクターK みなさん、こんにちは。今回からしばらく、このコラムを会話形式で進めて参ります。進行役のドクターKです。どうぞよろしく!

初株 はじめまして。株なんてギャンブルだと思っている初株(はつかぶ)と申します。医師8年目の脂の乗り切ったピチピチドクターです。専門は消化器外科で、3歳の息子からゴッドハンドと呼ばれています。

ドクターK 普通に文章だけ説明していても、どうしても臨場感が伝わらないんで、しばらくこの初株先生に人身御供になってもらおうかなと。今日は、この初株先生に実際に株を買ってもらうところから始めたいと思います。

初株 はい!よろしくお願いします。これまで株を買ったことは一度もありませんが、ちょっとしたギャンブルだと割り切って楽しみます!

ドクターK (もう、ギャンブルギャンブルってうるさいな! この会話形式のコラムが終わる頃には、その凝り固まった考えを湯豆腐みたいにプルンプルンにしてやっからな)

著者プロフィール

ドクターK●関西の病院で働く30歳代勤務医。リーマンショック後に株式投資に目覚め、資産運用を開始。幾度となく挫折を味わいながら勉強を続け、アベノミクスに乗じて投資資金を大きく増やす。著書に「忙しい医師でもできる Dr.Kの株式投資戦術」。

連載の紹介

Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
忙しい? 時間がない? そんなあなたも大丈夫! 日常臨床をバリバリこなす超多忙な現役若手医師が、バリュー投資と上手な資産運用のコツを教えます。【注】当コラムは投資にあたっての参考情報を提供するものです。投資判断は自己責任でお願いします。

この記事を読んでいる人におすすめ