日経メディカルのロゴ画像

「現状維持でよい」と「高度診療を行う施設のみ必要」に意見が二分
大学病院はこれからも必要?

2011/05/27

 医療の専門分化が進む中で、様々な患者に対応できる能力を持つ医師の養成を目的として、2004年に「新医師臨床研修制度」がスタートした。新制度の導入後は、人気の市中病院を研修先に選ぶ研修医が増加しており、「研修医の大学病院離れ」が問題になっている。

 大学病院の役割は、「教育・臨床・研究」の三つがあるが、大学病院以外の病院でも、研修医教育を行っている施設は多い。また、都市部には大病院が集中しており、高度な診療を行う施設は大学病院に限らない。研修医教育や高度な先進医療が、大学病院以外の病院でも行われている中で、今後も大学病院は必要とされるのだろうか?

 MedPeerが同社のサービスを利用する医師を対象に実施したインターネットアンケートによると、「現在の規模・施設数でよい」と「高度先進医療を行っている大学病院のみ必要」がいずれも約半数で、意見が大きく二つに分かれた。

 大学病院の役割で「教育」を重視する人は「現在の規模・施設数でよい」と回答し、「臨床・研究」を重視する人は「高度先進医療を行っている大学病院のみ必要」と回答する傾向が見られた。また、「医師の待遇をもっと良くすべき」「事務職員やコメディカルを減らしたり、派遣などに切り替えることが必要」など、大学病院の経営のあり方を見直すべきというコメントも多かった。

著者プロフィール

MedPeer(メドピア)●日経メディカル Onlineとメドピア(株)が共同運営する医師向けコミュニティーサイト。著名臨床研修指定病院との連携によるオンライン症例検討、薬剤に関する口コミ評価、各種のアンケートなどを実施。

連載の紹介

MedPeerドクターズ・ボイス
医師が医師のために運営する日本最大の医師限定掲示板「MedPeer」。同サイトが医師向けに実施している様々なポスティング調査の中から、タイムリーで興味深い内容のものを、ピックアップして紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ