日経メディカルのロゴ画像

判例解説●横浜地裁2009年4月15日判決
胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定

2017/04/26
石黒 敏洋=弁護士(札幌アライアンス法律事務所)

上部消化管穿孔の疑われる患者がCT検査を勧められ、腹痛のため拒否していたところ、処置の遅れで胃穿孔によりショック死しました。遺族は当直医らと病院を提訴。裁判所は開腹術の決断が遅れたとしつつも、死亡との因果関係については否定しました。

事件の概要

 巨大結腸症などの既往を持つ女性患者(18歳)が数日来、心窩部痛や腹満を感じていたところ、2003年11月29日の夕食後に臍部あたりに張るような痛みを生じて嘔吐。救急車で被告医療法人が経営するY病院に搬送され、23時51分にA医師の診察を受けた。脈拍103回/分、血圧162/49mmHg、体温35.5℃で、腹部が膨満して固く、痛みで仰向けになれず、声も出ない状態だった。

 A医師は翌日0時すぎまでに、静脈ルート確保、採血、ソルラクト500mLの点滴、立位、仰臥位でのX線検査、単純CT、造影CTの撮影を指示。しかし、強い腹痛のため、腹部X線は側臥位のみであり、CT検査は困難だった。白血球数は5400/μL、CRPは0.01mg/dL。

 X線の所見では、多量のフリーエア、腸管内ガス像(特に大腸)、結腸の著明な拡張および小腸の拡張、気管分岐部直下までの横隔膜の挙上、鏡面像(腹水を示唆)が疑われた。A医師は、X線写真の著明なフリーエアや心窩部痛の訴えから上部消化管穿孔を疑い、常勤外科医のB医師、C医師に連絡を取った。

 1時ごろ、B医師がCT検査を勧めたが、患者は「つらいから」と断った。1時30分ごろ、B医師は患者を外科に入院させたが、体温35.9℃、心拍数169回/分、血圧142/108mmHgで、胸部症状、呼吸苦はなかった。心窩部から腹部全体にかけての膨満は著明だったが、患者は「来た時よりは楽になりました」などと答えていた。

 C医師も診察し、やはり上部消化管穿孔を強く疑いCT検査を勧めたが、患者は腹痛のため拒絶。当時、C医師には開腹手術の即時決定の認識はなかった。その後、B医師もCT検査が必要と告げているが、患者は痛みで難しいと返答。B医師は1時40分ごろ、鎮痛のためソセゴン(一般名ペンタゾシン)15mgなどを投与したが、やはり開腹手術を即時決定すべきとの認識まではなかった。患者はその後もCT検査を拒絶した。

 160~170回/分台の頻脈が続いていたため、B医師は2時ごろ、脱水の可能性を考えてソルラクト500mLの点滴を指示。2時30分ごろ、同輸液を追加。この頃、患者は看護師の問い掛けに「大丈夫」と返答していた。

 3時15分、12誘導心電図検査が行われ、心拍数は195回/分で不整脈が認められた。患者の承諾を得て、3時42分ごろに単純CTを撮影したが、不整脈があり2%キシロカイン1アンプルを静注したところ、患者は意識消失。造影CT撮影は中止された。

 CT所見で大量の腹腔内遊離ガス像、胃や横行結腸を中心とした消化管の著明な拡張、消化管壁の多量ガス像、門脈内や下大静脈内の多量ガス像、大腿静脈・腎静脈内のガス像、大腸ガス像、ダグラス窩・肝周囲の腹水、胃内の食物残渣、気管分岐部直下までの横隔膜挙上を確認。患者は一度意識を回復したが、3時55分に頻脈のためワソラン(ベラパミル)2分の1アンプルを静注したところ、再び意識を消失。4時10分すぎごろ蘇生処置をするも、6時12分に死亡が確認された。

 司法解剖で、死因は「胃穿孔によるショック死」とされ、「腹腔内にガスを容れる」「左右胸腔内に血性液貯留:左側450mL、右側150mL」「横隔膜の高さ乳線上で左側第3肋骨、右側第2、3肋間」「腹腔内に褐色液700mL、膿汁は認められず」などが確認された。

 患者の遺族は、A、B、C医師には保存的治療を漫然と継続せず緊急手術の方針を決定し、可及的速やかに腹部CTなどの検査を行うか、直ちに試験開腹手術をすべきところ、これを怠った注意義務違反があるとし、医師らとその雇用者の医療法人に対し、総額約1億1300万円の損害賠償を求めて提訴した。

連載の紹介

判例に学ぶ 医療トラブル回避術
日経メディカル誌に連載中の「判例に学ぶ医療トラブル回避術」からの転載です。最近判決が確定した医療関連訴訟を取り上げ、判決文を分かりやすく要約するとともに、裁判官がどうしてその判決を下すに至ったのかの理由や背景を解説します。注目裁判に加え、最近の医療訴訟トレンドを解説した書籍『医療訴訟のここがポイント』(写真)も販売中です。

この記事を読んでいる人におすすめ