日経メディカルのロゴ画像

判例解説●東京地裁2011年3月23日判決
医師の証言を採用せず注意義務違反を認定

2017/03/08
北澤 龍也=弁護士(北澤龍也法律事務所)

癌の見逃しがあったとして、患者が病院を訴えました。担当医は生検の必要性を患者に説明したものの拒否されたため、責任はないと主張。しかし裁判所は、医師の証言内容は採用できないとし、注意義務違反を認めました。

事件の概要

 患者(受診当時76歳)は2002年7月24日、喉の違和感と嗄声を主訴に近隣の病院を外来受診した。病院では喉頭の右側が腫れていることから経過観察となった。しかし、腫脹が改善しなかったので耳鼻咽喉科専門病院を紹介され、同年11月16日に外来受診。局所麻酔下生検の結果、慢性喉頭炎と診断された。

 2003年3月3日、患者は被告であるA大学病院耳鼻咽喉科のB医師の診察を受けた。喉頭ファイバー検査では、右仮声帯の腫脹の表面は円滑で肉芽様の所見は見られなかった。同月24日、患者は同科を再度受診し、喉頭ファイバー検査を受けたところ、著変はなかった。翌25日には、喉頭断層写真が撮影された。

 4月3日、患者はA大学病院を受診し、B医師に対して嗄声の症状が変わらない旨を伝え、再び喉頭ファイバー検査を受けたが、著変はなく喉頭の表面は正常粘膜であった。喉頭断層写真の所見から、右仮声帯腫脹があったが、リンパ節の腫脹などの所見は見られなかった。

 患者は5月1日、B医師の診察を受けたが、著変はなかった。同月29日にも外来受診し、B医師に対してまだ嗄声があることを伝え、喉頭ファイバー検査を受けたが、やはり著変は見られなかった。

 患者はその後もB医師の診察を受け、2004年10月にB医師の転勤先であるC病院に入院し、顕微鏡下喉頭腫瘍摘出術を受けた。病理組織検査の結果、右仮声帯腫瘍は中~低分化の扁平上皮癌で、喉頭癌T2期と診断された。その後、放射線治療が行われた。

 2005年11月、患者がD大学病院を受診したところ、右頸部リンパ節が触知され、生検するとリンパ節への喉頭癌の転移が確認された。2006年7月、患者はE病院に入院し、喉頭全摘手術を受けた。患者は音声機能を喪失し、身体障害者等級3級の身体障害者手帳の交付を受け、2010年2月に喉頭癌により死亡した。

 2009年、患者とその家族は、A大学病院のB医師らが2003年5月29日までに、速やかに生検を実施して喉頭癌の確定診断を下し、すぐに放射線治療を開始すべき義務を怠ったと主張し、喉頭全摘による発声障害への慰謝料などとして2600万円強の賠償を求め提訴した。A大学病院側は、B医師が2003年3月3日の時点で患者に生検を勧めたが拒否され、注意義務違反はないとして争った。

連載の紹介

判例に学ぶ 医療トラブル回避術
日経メディカル誌に連載中の「判例に学ぶ医療トラブル回避術」からの転載です。最近判決が確定した医療関連訴訟を取り上げ、判決文を分かりやすく要約するとともに、裁判官がどうしてその判決を下すに至ったのかの理由や背景を解説します。注目裁判に加え、最近の医療訴訟トレンドを解説した書籍『医療訴訟のここがポイント』(写真)も販売中です。

この記事を読んでいる人におすすめ