日経メディカルのロゴ画像

判例解説●東京地裁八王子支部2005年1月31日判決
因果関係ないのに損害賠償
患者に対する温情措置か

2013/03/11

 91歳の入院患者が痰詰まりによる呼吸不全で死亡しました。裁判所は、医師の過失と死亡との間に因果関係は認められないとしつつ、損害賠償を認めました。そこには「相当程度の可能性」で表現された“温情的考慮”があったようです。(東京地裁八王子支部2005年1月31日判決)

連載の紹介

判例に学ぶ 医療トラブル回避術
日経メディカル誌に連載中の「判例に学ぶ医療トラブル回避術」からの転載です。最近判決が確定した医療関連訴訟を取り上げ、判決文を分かりやすく要約するとともに、裁判官がどうしてその判決を下すに至ったのかの理由や背景を解説します。注目裁判に加え、最近の医療訴訟トレンドを解説した書籍『医療訴訟のここがポイント』(写真)も販売中です。

この記事を読んでいる人におすすめ