日経メディカルのロゴ画像

第38回日本脳卒中学会
INR 1.5未満の場合、心原性脳塞栓症の発症時神経学的重症度、退院時機能予後が不良

2013/05/02
高橋浩=メディカルライター
INR 1.5未満の場合、心原性脳塞栓症の発症時神経学的重症度、退院時機能予後が不良の画像

 ワルファリン内服中に発症した心原性脳塞栓症の発症時神経学的重症度や退院時機能予後は、発症時のプロトロンビン時間国際標準比(以下、INR)が1.5未満の場合に、2.0以上の場合に比べて有意に不良であることが分かった。福岡県の多施設共同脳卒中データベースFukuoka Stroke Registryのデータを解析して明らかになったもの。九州大学大学院病態機能内科学の中村麻子氏らが、第38回日本脳卒中学会総会(3月21~23日,開催地:東京)で報告した。

連載の紹介

循環器プレミアム Selection
循環器科専門医向けサイト「日経メディカル Online循環器プレミアム」では、NMOの通常のコンテンツに加えて、1日1本程度、循環器科領域のオリジナル記事を配信しています。本コラムでは、循環器プレミアムのオリジナル記事の中から、他の診療科の先生方にも関心が高いと思われる記事をセレクトして掲載します。

この記事を読んでいる人におすすめ