日経メディカルのロゴ画像

頭痛が心配…とりあえずCT撮っておきますか?

2019/09/05
有吉 彰子(Choosing Wisely Japan 会員、山口大学大学院医学系研究科放射線医学講座)

症例:65歳女性。頭痛。持病などは特にない。

 「頭痛には怖い病気が隠れている!」というテレビ番組を見て以来、たまに頭痛がするのが気になって仕方がない。家族から「そんなに心配なら病院に行ってみたら?」と言われたため受診した。

 患者から「先生、CTを撮ってほしいのですが」と言われ、「じゃあ、撮っておきましょうか」と電子カルテに入力しながら、(まぁ、撮っても大抵、何もないんだけどね……)と思わずにはいられなかった。患者が退室した後、実習で来ている学生から「先生、頭痛に対する画像診断の適応ってどうなんでしょうか?」と鋭い質問が……。

連載の紹介

Choosing Wiselyを読み解く
Choosing Wiselyとは、医療者と患者が対話を通じて科学的な裏付け(エビデンス)があり、患者にとって真に必要でかつ副作用の少ない医療の“賢明な選択”を目指す、国際的なキャンペーン活動です。米国をはじめとする各国のChoosing Wiselyでは、専門学会が、見直すべき医療行為に関する推奨を「5つのリスト」にまとめ、公表しています。本連載では、Choosing Wiselyの推奨を、その根拠とともに解説していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ