日経メディカルのロゴ画像

ピロリ菌の確認は血清抗体検査でもよい?

2019/03/07
木谷恵里加(Choosing Wisely Japan Student Committee、佐賀大学医学部医学科3年)
ピロリ菌の確認は血清抗体検査でもよい?の画像

41歳男性。中学校教員。

「勤務先での生徒へのピロリ菌検査をきっかけに胃癌を意識し、人間ドックで胃の内視鏡検査を受けたところ萎縮性胃炎を指摘されたとのことで、かかりつけである当院に来院した。ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染が強く疑われるため検査をしたいが、消化器内科の専門ではないため、手元に尿素呼気試験や便中抗原測定用の検査キットがない。血液検査ならできるので、血清抗体測定でピロリ菌感染の確認をしてもよいだろうか」

連載の紹介

Choosing Wiselyを読み解く
Choosing Wiselyとは、医療者と患者が対話を通じて科学的な裏付け(エビデンス)があり、患者にとって真に必要でかつ副作用の少ない医療の“賢明な選択”を目指す、国際的なキャンペーン活動です。米国をはじめとする各国のChoosing Wiselyでは、専門学会が、見直すべき医療行為に関する推奨を「5つのリスト」にまとめ、公表しています。本連載では、Choosing Wiselyの推奨を、その根拠とともに解説していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ