日経メディカルのロゴ画像

こんなに多くの薬やサプリが本当に必要?

2019/02/06
北澤京子(Choosing Wisely Japan会員、京都薬科大学客員教授)
こんなに多くの薬やサプリが本当に必要?の画像

69歳男性。

「患者の『かかりつけ医』として、もう20年近く降圧薬、脂質低下薬、尿酸降下薬を処方している。患者は5年ほど前から腰痛のため隣町の整形外科クリニックに通っており、2カ月ほど前からは不眠のため駅前の心療内科クリニックにも通い始めた。

 改めてお薬手帳を見せてもらうと、処方されている薬は全部で8種類あった。それ以外に市販の漢方薬やサプリメントも幾つか飲んでいるらしい。これってポリファーマシー?」

連載の紹介

Choosing Wiselyを読み解く
Choosing Wiselyとは、医療者と患者が対話を通じて科学的な裏付け(エビデンス)があり、患者にとって真に必要でかつ副作用の少ない医療の“賢明な選択”を目指す、国際的なキャンペーン活動です。米国をはじめとする各国のChoosing Wiselyでは、専門学会が、見直すべき医療行為に関する推奨を「5つのリスト」にまとめ、公表しています。本連載では、Choosing Wiselyの推奨を、その根拠とともに解説していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ