日経メディカルのロゴ画像

病医院PRレベルアップ講座

医師採用の新手法、コロナの影響被るも成果あり

2021/01/13
松本 卓(小倉記念病院、病院マーケティングサミットJAPAN Executive Director)

 小倉記念病院の松本です。今年もよろしくお願いします。

 広報・マーケティングが本職の私ですが、昨年は集患だけではなくてリクルートもお手伝いしていました。取り組んだのは「アブレーター」の募集。アブレーターとは、頻脈性不整脈のカテーテルアブレーションを手掛ける専門医のことです。当院にも人事課はあるのですが、「松本さん、何とかしてよ〜」と先生たちに飲みに連れて行かれて相談されたら断れますか?。日頃から助けてもらっているから恩返しするしかない、ということでスタートしました。ちなみに飲みに行ったのは新型コロナの流行前ですので(笑)。

著者プロフィール

病院マーケティングサミットJAPAN●「Evidence Based PR」の観点から病院広報を議論し、良い医療を提供している病院が真っ当に患者や医療職(求職者・開業医)から選ばれるための方法論を共有することを目的としている。運営スタッフには医師や看護師、病院広報担当者などが参画。

連載の紹介

病医院PRレベルアップ講座
「当院は良い医療を提供しているのに、広報がうまくできておらず、患者や紹介元の開業医、求職者から評価されていない」――。そんな思いを抱いている病院スタッフは多いのではないでしょうか。このコラムでは、様々な実践例を基に、自院の魅力を最大限にアピールする手法を紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ