北九州市の小倉記念病院で広報を担当している松本と申します。前回の竹田陽介先生(病院マーケティングサミットJAPAN代表理事)の解説を受け、当院でのPRの実践についてご紹介したいと思います。前回も触れましたように、病院のホームページを作り込んでいく上では、院内の調整が不可欠です。では、病院ホームページの成功の鍵を誰が握っているのかというと、これはもう、間違いなく医師です。握りまくっていると言っていいくらいですね。私が勤務する小倉記念病院では、医師の協力を得てホームページなどを大幅に見直してきました。今回はその経緯などをお話しできればと思います。

熱過ぎる? 小倉記念病院の動画付き医師紹介ページの画像

ログインして全文を読む