日経メディカルのロゴ画像

病医院PRレベルアップ講座

貴院のサイト、「しくじり事例」になっていませんか?

2019/06/19
竹田 陽介(病院マーケティングサミットJAPAN 代表理事)
貴院のサイト、「しくじり事例」になっていませんか?の画像

 自院の各部署の職員たちが医療人としてどのように命に向き合っているか、それを「現場の診療風景」や「職員自身の言葉」を通じて、スマホやPCの画面の先にいる一人ひとりの患者、紹介元、求職者に伝えることが、広報ツールとしてのホームページの最大の目的です。「自院の現場」をありのままに、しっかり伝えられればそれで十分なのですが、ウェブデザインの仕様の制約もあって、「自院の医療人としての姿」が見えてこなかったり、埋もれてしまったような「しくじり事例」もしばしば見られます。表に挙げた、しくじりの具体例に心当たりのある方は、自院のホームページは誰に何を伝えるべきものなのか、この機会に今一度、医療人としての原点に戻って考えていただければと思います。

著者プロフィール

病院マーケティングサミットJAPAN●「Evidence Based PR」の観点から病院広報を議論し、良い医療を提供している病院が真っ当に患者や医療職(求職者・開業医)から選ばれるための方法論を共有することを目的としている。運営スタッフには医師や看護師、病院広報担当者などが参画。

連載の紹介

病医院PRレベルアップ講座
「当院は良い医療を提供しているのに、広報がうまくできておらず、患者や紹介元の開業医、求職者から評価されていない」――。そんな思いを抱いている病院スタッフは多いのではないでしょうか。このコラムでは、様々な実践例を基に、自院の魅力を最大限にアピールする手法を紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ