ANCA関連血管炎には、顕微鏡的多発血管炎(microscopic polyangiitis:MPA)、多発血管炎性肉芽腫症(granulomatosis with polyangiitis: GPA)、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(eosinophilic granulomatosis with polyangiitis:EGPA)という3つの疾患があります。今回は、我が国のANCA関連血管炎の中では最も多い顕微鏡的多発血管炎について解説します。

高齢者の不明熱を診たらこの疾患も鑑別に!の画像

ログインして全文を読む