今回は、ANCA関連血管炎の発生機序がどこまで明らかになっているかを解説します。発生機序として今注目されているのがネット−シス(NETosis)です。これは、アポトーシスでもネクローシスでもない、第三の細胞死で、好中球が自爆テロのように周りの細胞(ANCA関連血管炎では血管内皮細胞)を攻撃しながら細胞死を生じるものです。

ANCA関連血管炎はどのようにして起きるのかの画像

ログインして全文を読む