つい先日、英国British Medical Journal (BMJ)誌に、かぜ治療の有効性についてまとめた論文が、きれいで分かりやすいグラフィック付きで掲載された1)。その論文によると、小児のかぜに効果があるかもしれないと、わずかながら証明されている治療法は「生理食塩水を使った鼻うがい」のみ。その他の治療については、抗菌薬や咳止め、はちみつ、ビタミンC、なんと水分摂取ですら、全てエビデンスが不明瞭、または不明確な治療であるとされた。

子どものかぜに抗菌薬を欲しがる親への説明は?の画像

ログインして全文を読む