日経メディカルのロゴ画像

第4回
センチネルリンパ節生検と皮下乳腺全摘術
SENTINEL LYMPH NODE BIOPSY AND SUBCUTANEOUS MASTECTOMY

2011/06/24

The patient had an abnormal mammogram. Biopsy showed high grade Ductal Carcinoma in Situ, with extensive changes on mammogram, and a Van Nuys score that supported doing a sentinel lymph node biopsy. In view of the extensive high grade DCIS, subcutaneous mastectomy was selected as the best treatment option in this patient. In other patients, a lumpectomy may be the best treatment option. Radioisotope was injected in the morning on the day of surgery.

著者プロフィール

アラン・レフォー(自治医科大学卒後臨床研修センター教授)●1982年米SUNYアップステート・メディカルセンター卒。UCLAロサンゼルス校デビッド・ジェフェン医学校外科教授などを経て、2007年4月より現職。

連載の紹介

アラン・レフォーの「英語で学ぶ! 外科手技の基本」
米国UCLAの外科教授として長年働き、現在は自治医科大学卒後臨床教育センターの教授であるアラン・レフォー氏が、実際の手術の映像を使い外科の基本手技を英語で解説します(日本語字幕、英語テキスト付き)。

この連載のバックナンバー

この記事を読んでいる人におすすめ