日経メディカルのロゴ画像

医師9013人に聞いた「経口妊娠中絶薬についてどう考える?」
経口妊娠中絶薬、6割が承認に賛成
「原則、配偶者同意が必要」は3割未満

 2021年12月、経口妊娠中絶薬(ミフェプリストン、ミソプロストール)の承認が申請された。1剤目のミフェプリストンを経口投与し、その36~48時間後に2剤目のミソプロストールをバッカル投与する(歯と歯茎の間に挟み口腔粘膜から吸収させる)方法。承認されれば国内初の経口妊娠中絶薬となる。また、2022年5月の参議院厚生労働委員会において、厚生労働省は「仮に経口中絶薬が承認されて経口中絶薬を用いた人工妊娠中絶を行う場合におきましても、原則として配偶者の同意が必要となります」と発言。女性の自己決定権リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)を侵害するものだとして世間から強い批判を浴びた。これらの流れを医師はどう見ているのか。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ