日経メディカルのロゴ画像

医師8533人に聞いた帯状疱疹/帯状疱疹後神経痛への漢方薬活用の現状
「帯状疱疹/PHNに漢方薬を処方」は約1割
漢方薬の処方を学びたいとの声に応えてウェビナーを2月26日に開催

痛みへの漢方処方を基礎から学べるウェビナーを開催します!

 痛みに対する漢方薬の使い方を勉強したいという要望を受け、日経メディカル Onlineでは、2月26日(土曜)に疼痛への漢方薬の使用方法について、平田ペインクリニック(福岡県糟屋郡粕屋町)院長の平田道彦氏によるウェビナー(無料)を開催することとなりました。平田氏は、「九州・沖縄・山口『痛みと漢方を学ぶ会』」を2017年に立ち上げて、痛みやしびれの治療に漢方薬を積極的に活用しており、ウェビナーでは臨床の実際をご紹介いただく予定です。

 帯状疱疹後神経痛などの疼痛治療に漢方薬を活用したいと考えられている先生方、ぜひご参加ください。

日経メディカル主催ウェビナー「痛みを漢方で診る」

日時:2022年2月26日(土)18:00~19:00(30分前よりこちらからお入りいただけます)

講演者:平田道彦氏 平田ペインクリニック(福岡県糟屋郡粕屋町)院長

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ