日経メディカルのロゴ画像

医師7971人に聞いた「総合診療」領域への理解度
総合診療と総合内科の違い「説明できる」は8%

 2018年にスタートした新専門医制度で基本領域に新設された総合診療専門医。毎年、9000人ほどの専攻医が専門研修を開始する中、総合診療領域を選択するのは200人前後で、志望者数は伸び悩んでいるのが現状だ。

 その理由の一つとして、キャリアパスの不透明さが挙げられているが、その根底にあるのは「総合診療専門医像をイメージしにくいこと」だろう。総合診療専門医の専門性が多岐にわたるだけでなく、名称が似ている「総合内科」という領域がある上に、「プライマリ・ケア医」「家庭医」など総合診療領域を担う医師の呼称が複数存在し、これらが分かりにくさに拍車をかけている可能性もある。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ