日経メディカルのロゴ画像

医師6253人に聞いた「医療用漢方エキス製剤の処方実態」
約3割が漢方製剤の処方で副作用の経験
よく処方するのはかぜ、こむら返り、便秘など

 複数種類を組み合わせた生薬の抽出液を乾燥させた漢方エキス製剤。臨床現場でしばしば用いられる医療用漢方エキス製剤について、日経メディカルOnlineの医師会員にアンケート調査を実施したところ、「日常的に処方している」「たまに処方している」との回答が75.2%を占めた(図1)。処方の仕方としては、「症状・疾患によっては第1選択にする」「西洋薬と併用する」がともに4割超と多かった。

図1 医療用漢方エキス製剤の処方経験(n=6253)

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ