日経メディカルのロゴ画像

医師4228人に聞いた「定期的に大腸癌検診(一次スクリーニング)を受けていますか」
定期的に大腸癌検診を受けている医師は6割

2020/03/10

 早期に発見し、早期に治療すれば完治するのが大腸癌。そこで有効なのが大腸癌検診だが、医師の4割、40歳以上でも3割は「定期的には受けていない」「受けたことがない」という結果だった。

 高齢化により大腸癌死亡者数は増加している。大腸癌診療は今、どこまで進んでいるのか。日経メディカル3月号の特集で最新動向を追った。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ