日経メディカルのロゴ画像

医師3603人に聞いた「患者側が弁護士を立てたトラブル事例の経験は?」
医師の1割が「患者側弁護士の来訪」を経験

2020/01/07

 患者側が弁護士を立ててのトラブル事例(同僚や部下の事例も含む)に巻き込まれた医師の割合が、過去5年で9.8%にも達することが、本誌調査により明らかになった。

 近年、医療訴訟に参入する弁護士が増加しており、同様の経験をする医師が今後増える可能性がある。日経メディカル2020年1月号の特集では、弁護士の変容を含む「新型」医療訴訟の実態と対応策を取り上げる。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ