日経メディカルのロゴ画像

医師3826人に聞いた「認知症の告知の在り方は?」
自分の認知症「どんな状況でも告知を」は6割

自分の認知症「どんな状況でも告知を」は6割の画像

認知症の告知についてのディベートセッションが、2019年11月7~9日に東京都内で開催された第38回日本認知症学会学術集会で開催された。「認知症は告知すべき?すべきではない?」と題した同セッションで「告知すべき」の立場で登壇した新潟大学脳研究所生命科学リソース研究センター遺伝子機能解析学分野准教授の春日健作氏は、「癌患者への告知率は、1990年では14%だったが現在は95%程度となっており、認知症の告知に関しても癌の告知同様、患者の知る権利に応える段階に来ている」と述べた。

連載の紹介

医師1000人に聞きました
日常臨床における選択から日常生活における嗜好やスタイルまで、日経メディカル Onlineの医師会員の方々1000人(目標)にお聞きした結果をいろいろとご紹介します。「他の先生はどうしているんだろう?」と感じる疑問があれば、お問い合わせフォームからご提案ください。調査のテーマとして検討いたします!

この記事を読んでいる人におすすめ