貧血や血友病、血液がんといった血液関連疾患。比較的まれな疾患だが、診療経験を持つ医師は本誌調査で6割に達した。ただし、半数(全体の29.3%)は研修医時代など「過去に診療経験がある」医師。調査には治療の進歩に対する驚きの声も多く寄せられた。こうした血液関連疾患治療の最新トレンドに、日経メディカル2019年9月号の特集「あなたの知らない血液の世界」で迫る。

医師の6割が知っている「血液の世界」の画像

ログインして全文を読む