日経メディカル2018年11月号の特集「忘れられないカルテ」では、医師ならば誰にでもある“記憶に残る症例”を取り上げている。この特集と連動し、忘れがたい症例ともなり得る「誤診」の経験を尋ねたところ、60.9%の医師が「ある」と回答。原因は「経験・知識不足」が最多(64.6%)で、「画像や検査結果の確認不足」(15.7%)が続いた。

どんな誤診? なんで誤診? 経験を共有しよう!の画像

ログインして全文を読む