生活保護法の改正によって、この10月から生活保護を受給している患者に対して、医師が医学的知見に基づき「後発医薬品を使用できる」と認めた場合は、原則として後発品を使用することになった。この制度改正について、日経メディカル Onlineは医師会員4177人を対象に10月8日〜14日にアンケートを実施。制度改正への賛否や現場への影響などを聞いた。

「生保は後発品」に賛成も、実際ごねられたら…の画像

ログインして全文を読む