「『医師1人の養成に1億円かかる』はウソ!?」にあるように、日本医師会や日本医学会、全国医学部長病院長会議は、「医学部6年間で医師の養成に必要な経費は1人当たり約1億円に上る」と断言しているものの、その数字の根拠は薄い。根拠が薄いにもかかわらず、都市伝説のように言い伝えられているこの言葉は医師一人ひとりに対して、どのような影響を与えてきたのだろうか。日経メディカル Onlineでは、その実態を明らかにするべく9月10日〜16日にアンケートを実施した。

根拠の薄い高額養成費で滅私奉公を強制!?の画像

ログインして全文を読む